fashion-point

衣替えのポイント

 

だんだんと涼しくなり、衣替えの季節が近づいてまいりました。
大切なお洋服を、来年も美しい状態で着られるように
今回は衣替えのポイントを紹介します。

 

hanga

 

■汚れをきちんと落としてからしまう

 

綺麗に着ていたお洋服。
一回洗ったものでも、汚れが落ち切っていないと時間の経過により
後から黄ばみや汗ジミが浮いてきてしまうことも。
特に夏服は脇、襟などに汗や皮脂が残っていることが多いもの。
洗濯機で洗っただけでは完璧に汚れが落ちづらいので
特に気になる部分はシミ抜きするなど特別扱いをしてあげましょう。
汚れはカビや虫くいの原因にもなります。
短時間でも一度着用したものはしっかり汚れを落としてから収納しましょう。

 

heart

 

■湿気対策をする

 

湿気対策のため、衣替えはよく晴れた日に行うことをおすすめします。
収納スペースがクローゼットの場合は服と服の間に風が通りやすい間隔を保ち、
クローゼットの扉を定期的に開けて空気の入れ替えを行うことも大切です。
扉を開けないとホコリが溜まり、ホコリを目当てにやってきた虫に
衣類を食べられてしまう恐れがあるので注意したいところですね。
また、クリーニングから帰ってきたお洋服についているビニール。
クリーニング店でかけられるビニールはあくまでも汚れ防止用。
ビニールをかけたままだと通気性が悪く、カビの原因になってしまいます。
お洋服のカバーには不織布のものがおすすめです。

引き出しや衣装ケースを使用する場合は、衣類を詰め込みすぎないようにしまい
除湿剤と防虫剤を上手に使いましょう。
湿気は水分なので空気より重く、下の方から溜まっていきます。
除湿剤は一番下か、四隅に置くと効果的です。
防虫剤は上から下へと成分が沈むので、効果を行き渡らせるために上のほうに置きましょう。

 

fashion-point

 

■断捨離する

 

買ってみたものの着ていない、、可愛いけどサイズが合わなくなった、、収納スペースのキャパオーバー。
クローゼットの中がいっぱいになってしまうと通気性の悪さから
お洋服にダメージを与えてしまったり、衣替えも面倒くさくなりがち。
大変かもしれませんが、一度お洋服を全て出して、必要なものだけを残す。
お気に入りだけが入ったクローゼットはさぞ絶景かと思います。
新しく買うべきアイテムもわかりやすくなりますよ。
衣替えは整理整頓のチャンスです。

「これはもう着ないかも。」

迷ったら、セブンヨークを思い出してください。
大切で思い入れのあったお洋服、大切に一点一点お買取りさせていただきます。

 

<キャンペーン開催中>
■冬物アウターを通常査定額から20%UP!
■FOXEY・LEONARD・M’S GRACYの冬物アウターを通常査定額から10%UP!
~2017年9月30日まで
※セブンヨークファミリア取扱いブランドに限り適用いたします。
wp_550x150_5

関連記事

  1. img
  2. GUCCIアイキャッチ
  3. rain
  4. foot
  5. img
  6. img

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。