“毛皮”はもう時代遅れ!?

今年もファーの季節がやってまいりました。
お気に入りは楽チンなのにリュクスなビジュアル。世界中で人気のGUCCI PRINCETOWN SLIPPERS。
このグッチのホースビットつきスリッパのファーが“毛皮”ではなくなる日がくるそうですよ。

GUCCIスリッパ
出典:GUCCI

GUCCI、リアルファーの使用を廃止

GUCCIマルコ・ビッザーリ氏

出典:twitter.com/gucci_jp

10月11日、高級ブランドGUCCIのCEO(社長兼最高経営責任者)であるマルコ・ビッザーリ氏は
GUCCIは動物の毛皮を製品使用しないとするファーフリー・ポリシーを宣言しました。

既に発表されている2018年春夏のコレクションから廃止しており、
ビッザーリ氏はロンドンでの講演時、
「社会的な責任をはたすことは、グッチの大切な世界観の一つ。
環境と動物に対しより良い方法をとれるよう今後も努力を続けていきます。」と語っています。

 

ファーフリーアライアンス(FFA)

GUCCIも加入した、毛皮に反対する国際連盟「Fur Free Alliance(ファーフリーアライアンス)」。
世界で40以上の団体がリアルファー取引の廃止に向け取り組んでいます。

ファッション業界で既に加盟していることが有名なのは、Calvin Klein(カルバンクライン)・
RALPH LAUREN(ラルフローレン)・ARMANI(アルマーニ)や、ファーはもちろん、
レザー・シルク・ラムウールも使用しない、自身も熱心な動物愛護や環境保護活動を行う
Stella McCartney (ステラ マッカートニー)など。

キツネ

 

ファッションもエシカル消費傾向に

毎年、秋冬のトレンドとしては欠かせないものになっているファーアイテムですが、
ファッションアイテム素材としての“ファー”は、既にリアルを求められていないのではないでしょうか。

ラグジュアリーからカジュアルまで、ファーアイテムを作らないブランドはないのではと思いますが、
大昔のいわゆる「毛皮のコート」、なんてものはまったく流行りません。
近年では“エコファー”が注目され、もはや“フェイク(偽物)ファー”とは呼ばれなくなっていますよね。

先に述べたGUCCIのCEO、ビッザーリ氏はロンドンの講演の際にこんなことも語っています。
「毛皮の使用が今でもモダンだと思いますか?私はそうは思いません。
それが、私たちが今回の決定をした理由。ちょっと時代遅れです。
毛皮を使わなくても創造性によって、別の方向に飛躍することができます。」と。
まったくもって、仰る通り・・・。

日本でもこれまで11年にわたって毛皮の輸入量が減少し続けており、
リアルファーのように時代遅れで本質的に残酷な製品とは関わりたくない、
そんな風に感じるエシカル消費に関心がある新しい客層が増えているようです。

今回のGUCCIの決定により、ファッション業界でもより意識改革が進みそうですね。
今後はさらに、その動きが加速するのではないでしょうか。

GUCCI2018春夏

出典:GUCCI

 

セブンヨークファミリアは前向きな毎日を楽しむ素敵な大人の女性のためのリセールブティックです。
上質なファッションアイテムのリサイクル、新しいアイテムとの出会いはお任せください。

about us(私たち、セブンヨークファミリアについて)

campaign(今がチャンス!査定額UPキャンペーン)

Instagram(よかったらフォローしてくださいね)

online shop(イイモノ、見つかるお買い物)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。