30代~の髪質の変化…お悩み別おすすめヘアカラーは?

こんにちは。 セブンヨークです。
冬らしい寒さになってきましたね。
お洋服も冬仕様に衣替え、あわせて髪色もトーンダウンする方が多いかもしれませんね。

髪については、皆様お悩みがそれぞれあるのではないでしょうか。
髪が細い、ボリュームが出ない、広がる、うねる、白いものがちらほら…などなど。
年齢を重ねると、さらに髪質に変化が出てしまうことがあり、悩ましいですね。

ヘアスタイルを変える際などに、併せて髪色を変えることがあると思いますが、
実は、ヘアカラーはイメージチェンジの為だけでなく、
髪質のお悩みを緩和するのに役立つ場合があるんです!
今回はお悩み別のおすすめヘアカラーをご紹介します。

3

今冬の人気カラーはちょっと暗め

初めに今年の冬の人気カラーをご紹介。

暗めのマロンカラーやスモーキーカラーなど、やはり冬らしい落ち着いたお色が多いです。
トーンの落ち着いたカラーは上品で優しい印象になりますよね。
アッシュカラーも引き続き人気のようです。

次はお悩み別に見ていきましょう。

カラー

お悩み別おすすめカラー

白髪が気になる

おすすめのカラーは少し明るめのブラウンや、毛先に向かって明るくなるグラデーションです。
白髪が目につきやすい真っ黒よりも、ブラウン系が良いと言われています。
暗めのベースにハイライトを入れるの効果的です。
ハイライトが全体に馴染んで白い毛が目立ちにくくなるので良いでしょう。

1

ボリュームが出ない

毛量が少ない、髪が柔らかくペタンコになる、という方にはベージュ系のブラウンがおすすめです。
ベージュよりの優しいお色にすることで、ふんわりとした印象を与えてくれます。
さらに髪色が明るいことで肌のシミやくすみを目立たなくする効果もあって◎。

1

老けて見られる

老け見え防止には、パーソナルカラーを選ぶようにしましょう。

※パーソナルカラーとは→
人それぞれの目、髪、肌などの色調ともっとも調和して似合う色や配色。(日本大百科全書(ニッポニカ)より)

それに基づき、似合うカラーを選ぶと顔が明るく綺麗に見えるのそうです。
しかし、逆のカラーを選ぶとくすんで見えたり、疲れて見えたりしてしまうといいます。
もしかしたらお色選びで、すぐにでも印象は変えられるのかも!?

お肌の色は「イエローベース」と「ブルーベース」の2種類に分類され、似合う髪色が異なってきます。

【イエローベースの方の特徴】
・肌の色が黄みがかっている
・髪の色(地毛)が茶色系
・瞳の色が茶色系
・肌から透けて見える血管の色が緑系
・日焼けしたときに小麦色になる。
【ブルーベースの方の特徴】
・肌の色がピンク、青みがかっている
・髪の色(地毛)が黒系
・瞳の色が黒やこげ茶系
・肌から透けて見える血管の色が青系
・日焼けしたときに肌が赤くなる。

イエローベースの方は黄色、赤よりのお色、ブルーベースの方は青、紫よりのお色が良いと言われています。

2

ツヤが無く、ダメージを受けている髪ももちろんイメージダウン。
しっかりとトリートメントやスタイリング剤等を付けて髪を守りましょう。
髪のダメージを防ぐとともに、カラーのもちも良くなりますよ。

カラーをする際のダメージが気になる場合は負担が少ないヘアマニュキュアや、
カラートリートメントがおすすめです。

2

「見た目の印象、7割は髪型で決まる」なんて意見もありますし、
髪が健康で綺麗だと、もちろん年齢がぐっと若く見えますよね。
上手にお悩みをカバーして、もっとヘアカラーを楽しみましょう!

コスメのパーソナルカラーについてはこちらで紹介しています。
気になる方はチェックしてみてくださいね。

自分のベースカラーを知る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。