モンクレールアイキャッチ

Moncler正規品と並行輸入品-シリアルコード(アイテム)登録の行方-

 

ダウンウェアの中では圧倒的な人気を誇るMoncler。
市場に流通する商品の中には、正規品とは呼ばないお品物も多く存在していますね。
偽物も出回るMoncler、購入する前に知っておきたいことを記しておきます。

モンクレールトップ

出典:Moncler

 

Moncler(モンクレール)の歴史

 
1952年、フランス・アルプスグルノーブル郊外の小さな村、
MonestierdeClermont(モネスチエドゥクレールモン)にて「Moncler(モンクレール)」は設立されました。
登山家のための装備を手掛ける企業で、ダウンウェアの原型が生まれ、
リオネル・テレイ(Lionel Terray)(フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した登山家)を
テクニカルアドバイザーに迎え、本格的なダウンウェアの開発が進められます。

世界的な登山隊へのウェア提供を行うことでその名と信頼を着実に広め、
1968年のグルノーブル冬季オリンピックでフランスのアルペンナショナルスキーチームの
公式スポンサーに認定されます。このオリンピックをきっかけにフランスの国鳥「オンドリ」が
Moncler(モンクレール)のシンボルマークとなり、商標として使われるるようになったそうです。
ブランドマークの配色には一目でフランスブランドとわかる、トリコロールカラーが配色され、
洗練されたロゴは世界中に知れ渡っていきました。

1980年代にはセレクトショップなどで扱われるようになり
ファッションアイテムとしての認知度も高まります。
1990年代にはセレブにもファンが増え、高級志向へとブランドが改革を始めました。

以降、Moncler(モンクレール)はクラシックでありながら、トレンドも取り入れつつファッション性の高い
最高品質のダウン製品を提供し続けています。
※Moncler(モンクレール)について、詳しくは【モンクレールブランド情報】をご覧ください。

最初に触れたように、市場に流通する商品の中には、正規品とは呼ばないお品物も多く存在します。
並行輸入品と呼ばれるものですが、さて、それらは全て偽物ということなのでしょうか。
結論から言うと、違います。正規品以外の商品の中に、偽物が含まれている可能性がある、ということです。
では、所謂「正規品」と「並行輸入品」は何が違うのでしょうか?

モンクレールホロタグ

出典:Moncler

 

Moncler(モンクレール)の正規品

簡単にいうと、日本国内の正規輸入代理店を経由して販売される製品のことです。
品質表示タグに国内正規輸入代理店名の記載があります。
2009/04~現在はモンクレールジャパン、それ以前にはスプレンダーズ&カンパニー、
スープリームスインコーポレーテッド、ペッパージャパンコーポレーションがあります。
正規品がたどる輸入ルートは以下、
【海外メーカー→国内正規輸入代理店→日本の販売店や小売店→消費者】
このようになります。

Moncler(モンクレール)の並行輸入品

こちらは、日本国内の正規輸入代理店を経由せず、海外から直接輸入された製品のことです。
たどるルートは…
【海外メーカー→海外の販売店や小売店→輸入業者→日本の販売店や小売店(または直接消費者へ)→消費者】
このように、海外の正規販売品をメーカーとは関係のない、第三者の手によって買い付けし、
日本国内へ流通させます。
個人輸入し、販売している方もいらっしゃいますが、こちらも含め並行輸入品と呼ばれます。

つまりは、海外で販売している(海外)正規品ということになります。
ですから、「並行輸入品=偽物」ではありません。
これはMonclerに関しても例外ではありません。
 

Moncler(モンクレール)の並行輸入品のメリット・デメリット

 
正規品を購入していれば、なんら不安はありません。
それならば並行輸入品を購入するメリットはいったいどこにあるのでしょうか。

メリット

価格が安いことが第一でしょう。
有名海外ブランドの多くは日本の正規店で大規模なセールを行わないことがほとんどです。
そのため、定価より大幅に安く買うことはなかなか難しいですね。
海外で直接買い付けの場合は、為替の変動で安く購入仕入れられたりするので、
販売価格もお安くすることが可能なんです。
この点を重視する方も多いので需要が大きくなったともいえますね。

他には、国内未発売の商品が買えるメリットもあります。
実はこういうアイテムって結構あるんですよね。
これについては、お値段以上にファンにとっては重要な部分かもしれません。

デメリット

安くて、レアアイテムが買えるかも。でも、もちろんデメリットがあります。
・アフターサービスなどが受けられない可能性がある
・日本の規格外の製品の場合がある
・偽物が隠れている

まずは、お修理などのアフターサービスが正規品以外受けられない場合があります。
しかし、これについてはMonclerの場合はお問い合わせの後、販売店にお品物を預けて、
Moncler製品であることが確認されればお修理が可能です。
もちろんMoncler製品でなかった(偽物だった)場合にはお修理は受け付けてもらえません。

日本の品質基準は大変厳しいものです。しかし、海外の規格基準は良品と判断される幅が広く、
日本では不良品として販売されない製品が販売されていることもありますので、
私たち日本人の感覚では良品ではないものが混ざっているかもしれません。

そして、一番問題なのが、偽物の可能性がある。ということです。
正規品と違い、100%安心して購入はできません。
Monclerと直接関係のないところが仕入れているわけですからね。
 

Moncler(モンクレール)の見分け方

 

Moncler製品の真贋を確認する方法として、Moncler本社が提供しているWEBサイト
code.moncler.comが広く知られていると思うのですが、皆さんはアイテム登録されていましたか?

出典:Moncler

実は、この機能、もう使われていないというのです。
先日ダウンを1着登録しようと思い、登録手順をすすむと、あれ?うまくいかない。
登録画面にモデル名が表示されることなく、購入先や製品の写真添付等を求める画面となったので、
必須項目を埋め、送信。すると「早急にメールをお送りします」との表示。
???と思い、アイテム登録についてモンクレールジャパンに問い合わせたところ、
2017年の6月頃より既に使用されていないとの回答がありました。

なんと…。今までこれで本物かわかる!と最後の砦よろしく出回っていた情報で、
公式サイトにも未だcode.moncler.comは存在していますが、
「未だ残っている状態であるだけで、機能はしていません。」とのこと。元々本社対応のサイトであり、
「全ての製品を網羅しているわけではないため、正確な判断を提供できない場合もあることなどから
登録機能の使用を廃止、現在も登録可能な場合もあるが、モンクレールジャパンでは推奨もしていない」そうです。
なんだか、曖昧…まあこれに関しては問い合わせられても知らないよ、てことですかね。

ちなみに私のアイテム登録の行方については、登録作業を行ったその日はなんの返答メールもなし。
機能していない、といわれたこともあり、もういいかと思っていたのですが、
翌日メールが…

アイテム登録回答メール

アイテム登録回答メール

 
“モンクレールにお問い合わせいただき、ありがとうございました。
提供された情報と写真のドキュメンテーションに基づいて、本製品は本物のMonclerであるとみなされます。”

あら、よかった。一応お返事はくれるみたいですよ。
もちろん心配はしていないお品物なので本物かどうかの不安はなかったですが。
 
Monclerの製品については、ワッペンやロゴマーク、ジッパーなどなど、
偽物の見分け方などの参考サイトも多数あります。特別記しませんが、
並行輸入品の購入をされる際には、リスクも加味した上でご検討ください。
結局は、本物か偽物かなんて心配しようがない製品を買うことが一番おすすめなんですけどね。

 
Moncler-bn

 

セブンヨークファミリアは前向きな毎日を楽しむ素敵な大人の女性のためのリセールブティックです。
上質なファッションアイテムのリサイクル、新しいアイテムとの出会いはお任せください。

about us(私たち、セブンヨークファミリアについて)

campaign(今がチャンス!査定額UPキャンペーン)

Instagram(よかったらフォローしてくださいね)

online shop(イイモノ、見つかるお買い物)

 

関連記事

  1. img
  2. knitting-1614283_960_720
  3. img
  4. img
  5. img
  6. img

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。