印象を大きく左右する、ネックデザインの重要性

 

梅雨のシーズンがやってきました。
湿気と暑さを感じるこの時期、暑がりな私はネックラインのスッキリしたお洋服を選びます。
首周りに汗をかきやすいので、VネックやUネックが多いですね。

皆さんはどんなネックデザインのお洋服を選んでいますか?
自分に似合うかたちのものを着ると
小顔に見せてくれたり、コンプレックスを和らげてくれる視覚効果があります。

今回は着こなし上手になるような、ネックデザインの種類をご紹介します。

 

ネック

 

 

ラウンドネック

らうんど

最もオーソドックスな形と言えるでしょう。
名前の通り、首周りが丸く開いたデザインのこと。
輪郭が三角形の方に良く似合い、
首周りが大きく開いているほど小顔に見せてくれます。

 

クルーネック

ラウンド

ラウンドネックの一種ですが
首周りに沿うように詰まったデザインになっているのが特徴。
船乗り(クルー)が着ていた丸首のセーターから来ているそう。
首の長い方や、華奢な方におすすめのデザインです。

 

Uネック

Uネック

こちらもラウンドネックの一種。
ラウンド、クルーネックよりも
ネックがU字のように深いデザインになっています。
首元の露出が多いため小顔効果があり、抜け感も演出できます。

 

Vネック

V

名前の通りV字型にネックが開いたもの。
シャープな印象を与えてくれるので
丸顔の方や首が短めの方におすすめ。
元々シャープな顔立ちの方でも、
Vの角度が緩やかのものを選べば柔らかい印象に。

 

スクエアネック

スクエア

名前そのまんまシリーズです。
ネックが四角く開いたデザインのこと。
鎖骨やデコルテ部分を綺麗に見せてくれます。
首元に横のラインが出来るので
面長の方に似合うデザインです。

 

ハイネック

ハイネック

首に沿って高く立ったデザイン。
襟が折り返されないのが特徴で、大人っぽく見えやすいです。
ハイネックの1つにボトルネックというものがありますが
ボトルネックはハイネックよりも
低めに立ち上がったデザインのことを言います。

 

タートルネック

タートル

亀(タートル)が甲羅から首を出した様子に似ているような
デザインのこと。首を覆うように高さがあり、
襟を二重に折り返す物が多く見られます。
首が詰まったデザインが可愛いのですが、
顔が大きく見えやすいところが難点。

 

オフタートルネック

オフタートル

先ほどご紹介したタートルネックは首にぴったりと沿うデザインですが
オフタートルネックは折り返した襟がゆるく垂れ下がったもの。
首元にゆとりとボリューム感があるため小顔に見えるので
タートルネックが好きだけど小顔効果も欲しい!
という方にぴったりのデザインです。

 

ボートネック

ボート

船底のように横に広く浅いネックのデザインのこと。
首周りの露出が比較的少ないですが、
鎖骨が綺麗に見えやすく女性らしさがあります。
襟元に横のラインが出来るので面長の方に良く似合います。

 

カシュクールネック

カシュクール

フランス語でカシュ=隠す、クール=心臓という意味で
心臓を隠すように、前身頃が着物の合わせのように交差しているデザインで
上品さがあります。バストが大き目の方はカシュクールのドレープが多目の物、
バストが小さめな方はドレープが少な目の物の方が綺麗に着こなせますよ。

 

ホルターネック

ホルター

前身頃から続いた紐やストラップを首の後ろで結んだデザイン。
肩や背中が大きく露出されるので
いかり肩の方が特に似合うデザインになっています。
ホルターとは馬や牛に付けられる端綱のこと。

端綱

 

 

ネックラインのデザインによって、与える印象が大きく変わるように感じます。
丸顔の方はVネックやスクエアネック、
輪郭が三角形やひし形の方はラウンドネック、
面長の方はボートネックといったように
輪郭と反対の形の物を選ぶと綺麗に見せることが出来そうですね。
自分に似合うデザインを見つけて、
より美しく見えるように演出していきましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。