サマサマ。コロナ支援のテイクアウトとお取り寄せ

休業要請の飲食店でテイクアウトやレストランへの納品ができなくなった農作物や食材のお取り寄せを努めて行動したいと思っています。

そんなとき
「ありがとうございます。」

「どういたしまして。」 と。

この 「どういたしまして。」の言葉がどうもしっくりこない。

なんだか違和感を感じます。

検索したら、やはりこのフレーズは上から目線の印象になるらしい。

とうして。いたす。ます。て。 から成り立っている「どういたしまして。」

何かしたかしら。いえ。何もしていない。だから気になさらないで。 ということになる。

こんな謙虚な言葉なのに。

どういたしまして。は正しい敬語ではない

毎年、お友達に会いに行くインドネシアでは
お礼を言われた時にお返しする言葉は 「サマサマ」です。

サマサマは「お互い様」という意味になるらしい。

日本から移住した彼女はこの言葉の持つ意味が素敵と教えてくれました。

いま 大変な時ですから 協力できることは少し頑張ってもお互い様をしたいと思います。

使わせていただいた インドネシアの画像は
BALI島でフォトグラファーをやっている方のもの。

観光が閉ざされた現在、本来のお仕事のウェディングフォトはお休みせざるえない状況のよう。

そんなお話も明るく楽しくブログに綴られていました。

熊さんのバリ島撮り尽くし

こちらもちょっぴり収入になるらしい。

↓こちらからダウンロードさせていただきました。
photoAC


 
 
 

PAGE TOP