sacai-日本が誇る「ハイブリッドの美学」-

 

sacaiの魅力

素材使いや大胆なシルエットが特徴的なsacai(サカイ)は
日本人デザイナーにより、日本で生まれたブランドです。
1999年よりスタートし、今や人気は国内に留まらず、
ニューヨーク、ロンドン、パリのセレクトショップや百貨店などでも人気を博す、
日本が誇る一流ブランドとなっています。

2018年秋冬にはUGGの「クラシックブーツ」とのコラボレーションが発売予定。
一ファンとして、私も今から楽しみにしています。
これまでにも数多くの人気ブランドとのコラボレーションアイテムを発表し、
毎度大きな話題となってきたsacai。

では、sacaiはどのようにして誕生したのでしょうか。

UGG×sacai

出典:fashionpress

 

デザイナー

阿部千登勢(Chitose Abe)

chitose-abe

出典:sacai Facebook

デザイナーの阿部千登勢は1965年、岐阜県に生まれる。
洋服の仕立て屋に勤める母の元、幼い頃より洋服に囲まれた環境で育ったという。
人と同じ格好を好まず、自分の服装を友達に真似をされると、直ぐにへそを曲げたとか。
小学校5年生の頃、テレビCMで目にしたファッションデザイナーに憧れを抱き、
「これになりたい!」と直感してから、その夢が変わることはなかった。
ちなみに、そのデザイナーは三宅一生。
一直線にファッションデザイナーを目指した阿部は東京に強い憧れを抱いたが、
両親に上京を許されず、片道2時間かけて名古屋の専門学校に通った。
学生時代は、流行のヴィヴィアン・ウェストウッド(Vivienne Westwood)に身を包み、
目立つ服装から地元ではちょっとした有名人だったそう。

専門学校を卒業した後、アパレルの大手、ワールドに入社。
しかし、会社の近くで見かけるコム デ ギャルソン(Comme des Garcons)の
スタッフの姿に憧れ、2年程でワールドを退社する。
当時、川久保玲率いるComme des Garconsはパリコレで世界に衝撃を与えていた。
バブル絶頂期でもある1989年、Comme des Garconsへと転職する。
パタンナー、ニットウェア企画、そして渡辺淳弥による
ジュンヤ ワタナベ コム デ ギャルソンの立ち上げメンバーへ。

Comme des Garconsが一番大切にしていたのが“オリジナルであること”。
そしてファッションをビジネスとすること、ビジネスとクリエイティブのバランスをとることを学ぶ。
それらは阿部の世界観を形作り、今も心にずっと残っているそう。

1996年、結婚。翌年、妊娠を機にComme des Garconsを退社。
妊娠や育児で今までと同じようには働けないだろう。会社に迷惑をかけたくない。
そんな思いがあったという。

出産後、もちろん子供は可愛く退職への後悔は無かったが、
仕事をやめ、自分だけが取り残されたようで大きな喪失感があったそう。
そんな時、夫で自身もカラー(kolor)のデザイナーである阿部潤一から、
少しずつでも、とデザイナー復帰を勧められ、計5型のニットでsacaiのファーストコレクションを作り上げる。
ブランド名のsacaiは旧姓より、夫・阿部潤一のアイディアで付けられたらしい。
こうして、1999年、東京でsacaiは誕生した。

 

コンセプト

「日常の上に成り立つデザイン」

ニットを軸とした異素材の組み合わせ・パターンの柔軟さなどから生まれる“ハイブリッド”な発想。
自身をとりまく人々やその生活を観察し、ファッションの慣習や、既成概念にとらわれることのない新しさと、
朝から晩まで、家でも、1日中着られる服を作る。
ベーシックなアイテムも、阿部の手にかかれば独特のエレガンスを放つ。
現代女性に高い支持を得ている要因は、自分自身を強く反映しているからだろう。
「着たいものを、着たい時に、着たいように着る」まさにデザイナー阿部の考えを体現している。
いつ、どんなときにも。「日常の上に成り立つデザイン」がsacaiのブランドコンセプトである。

 

ラインナップ

2018年現在、sacai(レディース)/sacai man(メンズ)ともに
洋服・小物・シューズ・バッグ・アクセサリーなど幅広く展開。
様々なブランドやデザイナーとのコラボレーションアイテムは毎回大きな反響となる。
価格帯は5~20万円程が主。

 

ブランドの歴史

1999年
東京にて、阿部千登勢が5型のコレクションから“sacai”をスタート。
雑誌やスタイリスト、感度の高いセレクトショップなどから高い支持を得て、口コミで人気が広がる。

2004年
パリで初の展示会をひらく。

2006年
ニューライン“sacai gem(サカイ ジェム)”をスタート。
gem は英語で、原石などを表す特別なもの、という意味から付けられている。
“sacai gem”はスタート時には10 corso como comme des garcons(ディエチ コルソ コモ コム デ ギャルソン)、
dover street market(ドーバー ストリート マーケット)にて限定販売されるエクスクルーシヴコレクションであった。
同年、ランジェリー・ホームウェアラインの“sacai luck(サカイ ラック)”を展開。
“sacai luck”はエレガントな大人のための、リラックスしたシーンにむけたコレクション。

2012.DOVER-STREET-MARKET-GI

出典:sacai

2007年
「毎日ファッション大賞」の大賞に選ばれる。
デザイナー阿部が憧れる三宅一生や川久保玲も受賞しており、2012年には夫の阿部潤一も大賞に選出されている。

2009年
春夏シーズンよりメンズコレクションをスタート。
また、モンクレールの阿部が日本人初のデザイナーに抜擢される。

2010年
モンクレールのニューラインとして“MONCLER S(モンクレール エス)”を発表。
“MONCLER S”は大きく話題を呼び、“sacaiはさらに飛躍する。
※2012秋冬シーズンまで展開。

2011年
秋冬パリコレクションにて、初のモデルを起用したショーを開催。世界に反響を与える。
同年9月、東京・南青山にsacaiの全ラインが揃うフラッグシップストアをオープン。

2013年
フランスの高級レザーシューズメーカー“Paraboot(パラブーツ)”との共同制作でメンズ初のシューズを発表。
“Paraboot”の定番モデル、ダブルモンクストラップのWILLIAM(ウィリアム)をベースとしたオリジナルシューズとなった。

Paraboot×sacai1.2

出典:sacai

2014年
“Paraboot(パラブーツ)”と2度目の、“VANS(ヴァンズ)”とは初のコラボシューズを制作。
また、“PORTER(ポーター)”とのコラボバッグも話題に。

2015年
「NikeLab X sacai」ウィメンズのスポーツ・ウエア・コレクションを発表。ウェア・シューズともに爆発的な人気に。
この頃、香港と北京、ソウルにもストアをオープン。世界に販路を広げる。
同年、2度目の「毎日ファッション大賞」を受賞。
※それまでに2度以上大賞受賞をしたのは、川久保玲(COMME des GARCONS)、三宅一生(ISSEY MIYAKE)、
山本耀司(Yohji Yamamoto)、高橋盾(UNDERCOVER)の4人。
また、2010年より展開してきた“sacai luck(サカイ ラック)”を休止。
“sacai luck”はメインコレクションの“sacai”より価格を抑えた商品展開で、
特に国内の人気が高かったが、2015年秋冬シーズンがラストコレクションとなった。

NIKELAB×SACAI

出典:sacai

2016年
柏崎亮が手がける“Hender Scheme(エンダースキーマ)”とのコラボレーション。なめし革のブーツやサンダルを発表。
また、本格的にバッグコレクションを始動。
元“MARC BY MARC JACOBS(マークバイマークジェイコブス)”のクリエイティヴディレクター、
Katie Hillier(ケイティー・ヒリヤー)をパートナーとし、“sacai”らしい「ハイブリッド」の美学を表現する。

sacai-THATBAG

出典:sacai “THAT” bag

2017年
秋冬パリ・メンズ・コレクションでで、アウトドアブランド“THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)”の
ユティリティーウエアライン、THE NORTH FACE URBAN EXPLORATION(ザ・ノース・フェイス アーバン エクスプローレーション)
とのコラボレーション「sacai x The North Face」を発表。
オーバーサイズのパーカやMA-1などをラインナップ。
同年10月には、“UNDERCOVER(アンダーカバー)”と合同ファッションショーを開催。

TNF×SACAI

出典:sacai

2018年
秋冬コレクションで発表した“UGG(アグ)”とのコラボブーツを今秋販売予定。
“UGG”の定番ブーツのトップエンドにソックスのようなニットが付いた“sacai”の「ハイブリッド」を感じるアイテムだ。
現代を生き、成長をつづけるsacai。これからもまた新しいモノづくりを見せてくれそうです。

sacai

sacai Facebook

sacai Instagram
 

セブンヨークファミリアは前向きな毎日を楽しむ素敵な大人の女性のためのリセールブティックです。
上質なファッションアイテムのリサイクル、新しいアイテムとの出会いはお任せください。

about us(私たち、セブンヨークファミリアについて)

campaign(今がチャンス!査定額UPキャンペーン)

Instagram(よかったらフォローしてくださいね)

online shop(イイモノ、見つかるお買い物)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。