初めての感覚… | connect(コネクト)

初めての感覚…

こんにちは!
メンズバイヤーの羽下(haga)です。
そしてようこそconnectへ。

初ブログは何を書こうか悩みましたが…
今回は当サイトでピックアップブランドとしてお取り扱いするブランドについてです。

流行<シンプル×自分らしさ

私は初めて自分で服を買ったのが13年前の高校生の時。
ファッション雑誌を読み漁り、ナンバーナインのスキニーパンツ、フェンダーロゴのTシャツを緊張しながら買いに行った記憶があります(笑)

その当時のファッション市場はスキニーパンツがものすごく流行で、Tシャツやジャケット類もとにかくカチッと、ピタッとした全体的に細身にまとめるスタイルが主流でした。
そして周囲の皆が流行に敏感で、アイコニックなデザイン、人気ブランドの服を着ているのが当たり前でした。

 

 

どんな時代でも、ファッションと流行は切り離せないものでしょう。
ただ現在のファッション市場や価値観は少し変わってきています。
昨今ではトレンドを追うよりも他人目線は意識しながら、「自分らしさ」や「自分が好きなもの」を追い求める傾向が強まっています。

私もそうですが、30代になり年々体型や年齢を意識しつつもお洒落な装いをするのは簡単ではありません。「どんな服を着ていたらセンスのいい雰囲気がでるのだろう?」と常に考えています。
その結果、派手なアイコンや柄の服よりもシンプルで、「デザイン、シルエット」「素材、縫製」どちらにもこだわっているブランドを探し、ピックアップブランドの服にたどり着きました。

着る服選びに迷っている人も、シンプルを好む人も是非一度当アカウントのピックアップブランドをチェックしてみて下さい。

ファッションは”循環”へ

ピックアップしたブランドのアイテムに毎シーズン触れて、見ていて気づいた事がありました。
こだわりを持った服作りをするブランドの服は長く着れて、あまり古く見えないんですよね。
ですが、服好きの人はお気に入りのブランドで毎年何かしらを見に行って、似たデザイン同じデザインのアイテムを無意識に買っています。

「昨年はネイビー買ったから今年はカーキにしよう」
そんな感じで気づいたら着ていない服が増えていき、あまり使用していない状態で眠らせておく事が多いんではないかと思ったんです。あくまで課程にはなりますが(笑)

そんな経験から服を大事にするとは何か?私なりに考えました。
服を大事にするということは、キレイに収納しておくのではなく、その服を誰かに着てもらってこそではないでしょうか。服もモノも人の生活をより豊かしたり、楽しくしたり、便利にしたり…ポジティブな要素を生活に加味するために作られているはずです。
いい服を持っていてもその人が使わなかったら、意味はありません。まだ使えるのなら、早い段階で本当に使ってくれる人の手に渡った方が服も幸せなはずです。

 

 

「こんなにいい服が何処にも出掛けられず、眠ってるのは勿体ない!」
「大切な服を大切にしてくれる人に繋いでいきたい!」
そんな風に思い、行動したいと思ったことは初めての感覚でした。

私たちconnectが新しい角度から、そんな素晴らしいブランドを沢山の方に触れてもらえるお手伝いをしたい。そんな想いを持ってスタートしました。
これから沢山の人に愛されるアカウントになれるよう発信を続けていきます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MENU

MENU