ファッションを追い風に | 7yorku familiar

ファッションを追い風に

新型コロナウイルスの出現から一年が経ちました。
「コロナ禍」「withコロナ」と、コロナウイルスとの共存へ向けた「新しい生活様式」が当たり前のものとなってきています。

リモートワークや外出自粛を求められ、お仕事帰りの飲み会やウインドショッピングをした日は遠い昔のことのよう。
おうちにいる時間が長くなり、新しいお洋服を買う必要がなくなったとよく耳にします。

しかし、そんな中だからこそ、今まで以上にファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

画像1

ファッションはパワーの源

ファッションには、大きく2つの力があると考えています。

1つ目に、他者への影響力。
人の印象は、視覚情報が約6割を占める(メラビアンの法則より)とされています。

例えば、ネクタイの色やブラウスの襟のデザインで相手に与える印象を変える、というテクニックがあります。
コロナ禍ではリモートワークが増えたことから、“zoom映え”という言葉とともに、小さな画面の中で好印象をつかむデコラティブなお洋服がトレンドに。
人前でプレゼンをするお仕事、営業職の方やトレーナーさん等は、日常的にこのテクニックを意識してお洋服選びをしていることでしょう。
明るい雰囲気、清潔感、きちんとした印象など「相手にどのようなイメージを抱いてもらいたいか」を考えることは人と接するうえでとても重要です。

2つ目に、自身への影響力。
ファッションは自己表現の重要なツールであり、私たちの「なりたい欲」を満たしてくれます。

新しいお洋服やお気に入りの物を身につけたり、憧れる存在に近づくために、ファッションやライフスタイルを真似してみたり。
そうすることで、わくわくしたり、落ち込み気味だった気分が盛り上がったり、頑張るためのパワーをもらえたりします。
服という、外側を整えることで、自身の内側-心を整えることもできるのです。

画像2

着飾ることを諦めない

毎日家にこもりっきりでは、ストレスになってしまいますし、大切なお友達や恋人と直接会うことの大切さはこの時期だからこそ、より身に染みています。
密になる場所や時間を避ける、少人数で会う、マスク必須など感染対策をして貴重な時間を共有したいですね。
コロナ禍にあっても会いたい相手だからこそ、以前よりお洋服選びに気合が入ります。
外出をより楽しい時間に、大切な時間をステキな思い出にするために、どんな時でも着飾ることを楽しみたいものです。

さあ、お出かけの予定が決まったら、早々に天気予報をチェック。
「あの人はどんな服装で来るかしら。」
「あの場所にはジャケットが必要かも。」
「暑いかな…ワンピースは半袖のものにしておこう。」
相手のファッションとの調和やTPOを考えて、頭の中でクローゼットを広げます。
お洋服の次にはバッグやシューズ、メイクにも気を配って。
そして、忘れてはいけないマスク。今ではマスクもコーディネートの一部ですよね。

脳内ファッションショーを楽しむことは予定を楽しむための前夜祭のようでもあり、イベント当日の気持ちをさらに盛り上げてくれます。

画像3

今こそ新しい発見の時

ファッションの楽しみと言えば、新たな出会い。そう、お買い物も外せません。
新しい物との出会いには心が弾み、新しい自分を発見するきっかけにもなります。

また、おうち時間を利用してクローゼットを見つめ直してみることもおすすめです。
勢いで買ってから出番がなかったトレンドアイテム、使う機会の少ないハイブランドのバッグやシューズ。
眠ったままのものを引っ張り出して、思い切って手放してみる。
風通しの良くなったクローゼットは、気持ちも軽くしてくれます。

ニューノーマルな時代に向け、一歩踏み出してみませんか。

画像4

ファッションを追い風に

少し窮屈に感じてしまうことも多いこの頃でも、ネガティブになってしまってはもったいない。
内に意識を向け、ファッションで上手に自分のご機嫌をとり、幸福度を上げる。
ファッションの持つ力を味方につけて、今まで以上に輝いていきましょう!

画像5

関連記事