スチームで匂いをとります。

香りは癒し。でも取らなくちゃいけない時もくる。

気持ちを穏やかにさせてくれる香りの効果。

大好きです。

お部屋にもルームスプレーをしたり
アロマキャンドルを灯したり

癒されます。

よい匂いでもユーズドの品物から香る匂いは
好まれない場合が多いのです。

好みの香りが人それぞれ。

理由はそれだけでなく、人気(ひとけ)を感じて
しまうからです。

ですので、お買い取りさせていただいたお品物に
匂いがついている場合は
できるだけ匂いは取るようにします。

スチームで匂いをとります。

スチームをかけて、空気清浄機の風に当てて乾かします。

この作業を何度か繰り返します。

取れない場合にはクリーニングをする場合もあります。

それでも香りが残ってしまうことも。
その場合には商品説明欄に記載していますが

取りやすい匂いと
取りにくい匂い。

この違いはどこにあるのか。
香水にはアルコールで希釈した濃度の違いで
パフューム、オードパフューム、オードトワレなどの種類の違いがあることは知っています。
それは持続時間の違いですが、
どうやらそれとは違うようです。

想像するに
天然成分で作られた香りは濃度の違いはあっても
いつかは消えていき
人工的に作られた香りは残留するのではないかと
感じていますが、正解がわかるかたがいらっしゃいましたら
教えてください!

PAGE TOP