コートに使われる素材の特徴を知ろう。賢いショッピングのススメ。

 

ネットショッピングで気になる商品を発見!
でも、ポチッと購入ボタンを押す前に迷うことがあります。
商品の価格やサイズ、素材は実際にどういう質感なのか。
直接触れて確めることが出来ないお買い物方法なので、
そんなところで購入を悩んだりもしますよね。

商品に使われる素材について知っておくことで、
よりイメージをしやすくなると思いますので、
今回はコートによく使用される素材の特徴をご紹介します。

 

sheep-1279444_960_720

 

■ウール

羊の毛で出来ており、保温性が高く暖かいウール。コートの定番素材ですね。
弾力性があるのでシワになりにくく、型崩れもしにくい素材です。
撥水性にも優れているので雨や泥などによる汚れがつきにくいんだそう。
ただ、ウール素材のコートは重くて固く、品質によってはチクチクするという デメリットが。
動きやすさを重視するのであればウール100%ではなく、
「ウール90%、ポリエステル10%」等、他の素材が少し混紡されているものをおすすめします。

 

■カシミア

カシミアヤギの毛で出来ている高級素材です。(ヤギ1頭から取れる毛の量が少ないため高価なのです。)
毛が細く密度が高いので上品な光沢感があり、柔らかく気持ちの良いなめらかな肌触り。
ウールよりも伸縮性があります。
空気を抱きかかえ、放熱を抑えるので軽く、保温性にも優れているそうです。
しかし、デリケートゆえに摩擦によって毛同士が絡まり、毛玉が出来やすい素材です。
着用後は天然繊維のブラシで優しくとかしてあげるお手入れが大切ですよ。
合成繊維のブラシを使用すると静電気が発生しやすく、
ほこりを引き寄せてしまい 傷みの原因になってしまうのでご注意ください。
毛がきめ細かく、柔らかい素材の馬毛のブラシを使用することをおすすめします。

 

■アンゴラ

アンゴラウサギの毛で出来ています。
カシミアのように柔らかく軽い繊維ですが羊の毛よりも約3倍暖かいんだとか。
その繊細さから毛が抜けやすいという短所がありますが、
アンゴラ素材のお洋服はあのフワフワ感が可愛いのでそこは一長一短ですね。
カシミア同様に着用後はブラッシングをして毛並みを整えてあげましょう。

 

■ポリエステル

今回紹介する中で唯一の化学繊維です。
圧倒的に丈夫で水にも強く、もし濡れてしまってもすぐに乾きます。
静電気を帯びやすく、汚れたら落ちにくい点もありますが
熱や摩擦に強く、また軽くて丈夫。化学繊維の為、虫食いやカビも発生しづらいです。
ポリエステルは「シワになりにくい」というメリットがあるためか、
ウールや、カシミヤに混紡されることも多い素材なのです。

 

 

nature-2883133_960_720

 

いかがでしたでしょうか。コートは決して安いお買い物ではないだけに、慎重になる方も多いと思いますが
素材の特徴を把握することで、少しでもショッピングのお役に立てれば幸いです。

セブンヨーク&セブンヨークファミリアでは売りたい方、買いたい方のお手伝いをさせて頂いております。
冬物コート、買ってみたものの防寒性が低かったりして結局出番が少ない…なんてことありませんか?

セブンヨークファミリアでは現在、
冬物アウターのお買取査定額アップキャンペーンを行っております。
(2017年11月30日まで)

往復の送料や査定料など、お客様負担は一切ございませんので
お気軽にご利用くださいませ。

<キャンペーン内容>
★冬物アウター査定額10%UP
★冬物アウター3点以上で査定額20%UP

※セブンヨークファミリア取り扱いブランドに限り適用いたします。
※フォクシー・エムズグレイシー・レオナールは特別レートでお買取をしている為適用外です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。