シミになる前に!お出かけ先での応急処置方法

 

お気に入りのお洋服を着てお出かけ。
なのにうっかり、汚れが付いちゃった!なんてことはありませんか?
そんなとき、絶対にこすって落としてはいけません。
汚れの範囲が広がって落ちにくくなってしまいますよ。

後でクリーニングに出すにしても、汚れ落としはスピードが命。
時間が経過してしまう前に対処しておくことで
シミになる可能性を低くすることができます。

今回は汚れが付いてしまったときの応急処置方法を
汚れの種類別にご紹介します。

 

コーヒー

 

コーヒー、お茶、お酒、お醤油など水溶性の汚れの場合

 

油分を含まない水溶性のシミは比較的処理が簡単で落としやすいです。
汚れの表面にハンカチなどの布を当てて、
反対側から水を含ませたティッシュなどで
汚れの周りからトントントンと叩いていきます。
表面から叩くと汚れが繊維の奥までしみ込んでしまうので注意してください。
また、汚れの中心から叩き始めると
汚れがジワッとぼやけて広がってしまうので必ず周りから攻めていきましょう。
表面に当てたハンカチに汚れが移るので
当てる位置を変えながら、この動作を繰り返します。
最後に乾いた布で水分を吸い取り、乾燥させれば応急処置は完了です。

もし落ちにくい場合にはハンドソープか中性洗剤を少し含ませて叩くと
より汚れが落ちやすくなります。
が、ハンドソープには弱アルカリ性のものが多く、
しっかり落とさないと生地が傷む原因となってしまうため
可能であれば中性洗剤を使うことをおすすめします。

 

チョコ

 

口紅、ファンデーション、ミートソース、チョコレートなど油溶性の汚れの場合

 

水溶性の汚れは水だけでも落ちることが多いのですが、
油溶性の汚れの場合にはそうはいきません。
まずはティッシュか乾いた布で油分を吸い取ることが大切です。
その後、水溶性の汚れの処理と同様に
汚れの表面にハンカチなどの布を当て、
台所用洗剤かクレンジングオイルを含ませたティッシュなどで
汚れの付いた反対側から叩いていきます。
メイク落としシートがある場合にはシートを使うのもありです。
油溶性の場合も当て布の位置を変えながら叩く動作を繰り返し、
最後に乾いた布で水分を吸い取って乾燥させてくださいね。

 

口紅

 

 

ただ、お出かけ先で汚れてしまった場合、洗剤など持ち歩いていませんよね。
そんなときのために携帯用のシミ取り剤という製品があります。
かさばらないサイズ感で、水溶性・油溶性どちらの応急処置にも使え
汚れを吸収するシートがセットになった便利なものもあり、
1つ持っていて損はないと思います。
ちなみに私はコレ↓(ステマではありません笑)

 

レスキュー

ライオン株式会社/製品詳細 トップ シミとりレスキュー

 

応急処置しづらい汚れ

 

汚れには大きくわけて3種類あり、
水溶性、油溶性の他に「不溶性」というものがあります。
これは水にも油にも溶けない頑固なタイプの汚れになります。
泥、ゲルインクのボールペン、金属のサビ、香水、ガムなどが不溶性に分類されます。
これらの汚れは自分で手を加えるとさらに汚れがこびりついてしまったり
繊維を傷めたりすることになりかねませんので
早急にプロの方にお任せしたほうがいいでしょう。

 

ボールペン

 

汚れの見分け方

 

汚れが付いたときに気づいたものであれば原因がわかりますが、
後になって判明した、なんて汚れもありますよね。
この汚れは何が原因なのか、、と思った時には見分け方があります。

水溶性のシミ…くっきりとにじんでいる
油溶性のシミ…縦横に線が入っていたり、生地が透けたようなかんじ

見た目だけで判断できかねる場合には
汚れの部分に水滴をたらしてみてください。
汚れの部分に水が染み込めば水溶性、水をはじけば油溶性と判断できるそうですよ。

 

洗濯

 

いかがでしたか?
汚れてしまったからもう着れない、と諦めてしまう前に一度試してみてください。
ただし、今回ご紹介した方法はあくまでも応急処置。大切なお洋服ですから、
着用後は信頼できるクリーニング屋さんにお願いすることをおすすめします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。