何気なくスルーしていた?お洋服の「あれ」と「これ」の違い

 

突然ですが
皆さんはこのトップスのことを何と呼びますか?

113416173

「ニット」または「セーター」でしょうか。
どちらも同じような意味で使われていますが
この2つの呼び方にはもちろん違いがあります。

普段何気なく使っている言葉ですが
ニットとセーター、何が違うのか気になってきませんか?

今回は、なんとなく同じもののように扱われている
お洋服の名前の意味と違いをご紹介します。

 

ニットとセーター

まずニットとは、糸を編んで作った物や生地のことを指します。
マフラー、靴下、帽子、etc…
編んで作られたものは総じて”ニット○○”になるのです。

ニット

そしてセーターはニット生地で出来たトップス全般のこと。
意外と知られていないセーターの分類は頭からかぶって着るプルオーバータイプはもちろんのこと
カーディガンやベストもニット素材であればセーターということになります。
ニットトップス > セーター > プルオーバー
ニットトップス > セーター > カーディガン 
こんな感じで分類されるわけですね。

 

シャツとブラウス

シャツとは元々、上着の汚れ移りを防ぐために作られた男性向けの下着でした。
ブラウスは下着としてではなく、一枚で着られる女性向けのトップスとして作られました。
そのためブラウスはシャツに比べて柔らかい素材、刺繍やビーズなど装飾が施されたものが多いです。

シャツ

シャツは今でこそ性別関係ありませんが、男性の体型に合わせたようなかっちりとした作りのもの。
ブラウスは女性の体型に合わせたゆったりとした作りのもの。といった違いがあります。

 

Tシャツとカットソー

この2つもよく同じ物のように呼ばれていますよね。
カットソーとは、cut and sewn
つまり生地を裁断(cut)して縫製(sew)したもののこと。
キャミソールもポロシャツもカットソーに分類されます。
Tシャツはカットソーの種類の1つなのです。

カットソー

 

トレーナーとスウェット

スウェットとは生地の名前。アイテムがパンツの場合にはスウェットパンツと言いますので
トップスとしてはスウェットシャツと呼ぶことが好ましいでしょう。
そしてトレーナーはスウェット生地で出来たトップスのこと。
日本ではスウェットシャツのことをトレーナーと呼んだりしますが、
実はトレーナーというのは和製英語なんです。

トレーニング

スウェット生地は伸縮性、吸汗性に優れているため
スポーツ選手がトレーニングウェアとしてスウェットシャツを着用していたことから
日本ではトレーナーと呼ばれるようになったそうですよ。
海外でトレーナーと言うとスポーツトレーナーのほうに捉えられてしまいますので
スウェットと呼んだ方がベターかもしれませんね。

 
bears-974462_960_720

今回ご紹介したものはほんの一部ですが、
耳慣れた呼び方も、少しルーツを掘り下げて名前の意味と違いを知ることで、
より、お気に入りのお洋服への理解が深まるのではないでしょうか。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。